ディオール フレグランス、比類なきノウハウ

ディオールの国内工場には、香水の生産と原料を保存するための専用のセラー(貯蔵庫)があります。天然、合成に関わらず、香料の保存はケアを要し、特に合成香料の保存には細心の注意が必要です。セラーの温度を調節し湿度を管理するために、常にチェックする必要があるのです。香水と原料の貯蔵には、ワインのセラー マスター並の高度な専門知識が求められます。 香りの安定性とトレーサビリティを保証するために、工場到着後から香水の製造に使われるまで、原料は定期的にチェックされます。

セラー

ディオールの国内工場には、香水の生産と原料を保存するための専用のセラー(貯蔵庫)があります。天然、合成に関わらず、香料の保存はケアを要し、特に合成香料の保存には細心の注意が必要です。セラーの温度を調節し湿度を管理するために、常にチェックする必要があるのです。香水と原料の貯蔵には、ワインのセラー マスター並の高度な専門知識が求められます。
香りの安定性とトレーサビリティを保証するために、工場到着後から香水の製造に使われるまで、原料は定期的にチェックされます。

「忘れ去られた手工業の技術へ立ち戻りたい」 クリスチャン ディオール

Tディオール フレグランスの技術

ディオールの工場は類いまれなノウハウが集まる場所。
香水の種類によっては手作業でパッケージされます。その一例が、ディオール フレグランスの高い技術を結集させたラ コレクション プリヴェ*。
他にも特殊な手作業を必要とするフレグランスがあります。ミス ディオール エクストレ*のボトルネックに結ばれるサテンのリボン、そしてジャドール エクストレに巻かれた金糸もひとつひとつ職人の手で仕上げられています。
*ディオール ブティック(限定店舗)にて販売

ディオールの職人たちは、他では学ぶことのできないメゾン独自の伝統技術を後世に受け継ぐために尽力しています。若い職人は、熟練の職人のすぐ側で働くことで、ディオール フレグランスの卓越性を形にする類いまれなスキルを学び、それを守り続けています。