american dior

— 著者 Kate Betts — 出版社 Assouline — 内容紹介 1957年に雑誌『Time』の中で、Christian Diorはアメリカのファッションの「求められた独裁者」と評されました。飾り立てたシルエットで女性のファッションに革命をもたらし、戦後アメリカの繊維産業を再び活気づけたDiorの「ニュールック」の発表から10年後のことでした。
ファッションジャーナリストのKate Bettsの才気あふれるエッセイや、Irving PennとRichard Avedonの素晴らしい写真とともに、アメリカのDiorはクチュール メゾンとアメリカ合衆国の特別なつながりについて述べ、いかにこのフランス人デザイナーの名前がアメリカのラグジュアリーやエレガンスと同義であるかについて説明しています。

最初の数ページを閲覧する