Dior

— 著者 Alexandra Palmer — 出版社 V&A — 内容紹介 1947年、Christian Diorは戦後のファッションをリードし、メゾンの名を世の中やファッション業界において確固たるものにしたニュールックでファッション界に激震を走らせました。彼は、歴史的な女性らしさの見本、パリのオートクチュールの素晴らしい技術、無数の供給地を生かして、戦後の楽観的な雰囲気を捉えた魅力的なデザインを生み出しました。また、Diorは高級プレタポルテのデザインやマーケティングも手掛け、フレグランスからストッキング、ジュエリーに至るまですべてのDior製品に革新的なグローバル・ライセンスを設け、市場のコントロールをすることで新たな分野を開拓しました。美しく興味深い本書は、最新の研究をもとに、Christian Diorが意欲的に生産活動を行っていた1947年から1957年を実に国際的視点から調べています。

最初の数ページを閲覧する