impressions dior

— 著者 フロランス ミュラー、ファリド シヌーヌ、フィリップ チエボー、バルバラ ジョフロワ‐ メレ、ブリジット リシャール、ヴァンサン ルレ — 出版社 出版社 — 内容紹介 ノルマンディ印象派フェスティバルの一貫としてグランヴィルのクリスチャン・ディオール美術館が企画した「Impressions Dior」展は、訪れた人を、オートクチュールと印象派運動のクリエイティブな世界観に共通する感性を探る、斬新なイメージと感覚の発見へといざないました。
「Impressions Dior」では、70着以上のドレス、約50点の写真、約100点のアクセサリーや資料、20点ほどの絵画やデッサン、水彩画、写真を公開し、ファッションと芸術の間にあるフォルムやテーマに関する美のつながりを示唆します。

最初の数ページを閲覧する