Miss Diorを見る


Miss Diorを見る

真のラグジュアリーには本物の素材と職人技が必要です。…

遺産、"Miss Dior"

1947年2月12日モンテーニュ通り30番地のサロンで、クリスチャン ディオールは、初のコレクションを発表しました。女性的な威厳さを称えた官能的なクリエイション。それは、ニュールックと呼ばれるようになる、まさに革命の誕生のときでした。クチュリエは、アヴァンギャルドなシルエットに加えるため、ポール ヴァシェに依頼し、モダンで洗練されたフレグランスを作り出しました。「愛を思わせる香水を作って欲しい」と、クリスチャン ディオールは、彼に頼みました。エレガントなグリーンシプレー調で、"Miss Dior"がニュールックの香水となるのです。今日の"Miss Dior"バッグの名前は、それにちなんでいます。メゾンのフレグランスとオートクチュールの世界観から直接インスピレーションを受けた"Miss Dior"は、常識を打ち破ることのできる、自由で現代的な女性のアクセサリーです。

唯一無二のノウハウ

"Miss Dior"は、レザーグッズの正統派の伝統に沿って、全て手作業で仕上げられています。型通りに作られるレザーの各パーツには、"Miss Dior"の決まったシルエットに完璧に合うよう、ステッチを施しています。"Miss Dior"は、上品で実用的。内部まで細かく丹念に作り上げられています。カナージュステッチを施した滑らかなレザーによるライニングは、コントラストの強いカラーを上品に用いて、現代的です。メゾン ディオールの代名詞でもある外側のカナージュステッチは、革用ミシンで作ります。各ポイント、各ラインを丁寧に紡ぎ、見事なまでに柔らかい、唯一無二のファセットを持った外観を実現するのです。

ディテールのラグジュアリー、"Miss Dior"

"Miss Dior"バッグは、まさにモードのアイコン。細かいディテールまで、比類がないほど上品。"Miss Dior"を閉じて秘密を中にしまっておくための、キー付き。レザーのポケットにしまっていただけます。チェーンでそっと飾られて、チャームが視線を惹きつけながら、動きのままに軽やかに踊っているようです。"Miss Dior"のチェーンは、密でソフトなリンクで、使い心地もよく、ショルダー、ハンドバックの2パターンでご使用いただけます。"Miss Dior"は、どんなシーンにも合わせられる、モダンでレトロ、自由でラフなバッグ。モードを楽しむ自由なパーソナリティの代名詞です。