DIORMAG

21st 2月
新作

ディオール オム スポーツ : フレグランス

フレッシュ&スパイシーな香りの新しい「ディオール オム スポーツ」にフォーカス。ディオール フレグランス クリエイター、フランソワ・ドゥマシーの作品です。

「新しいディオール オム スポーツの始まりは力強く、スピーディーに展開し、何もあきらめないのです」とディオール フレグランス クリエイターは明言します。それには根拠があるのです。ヘッドノートでは、柑橘類の香りが即座にフレグランスのトーンに力強くフルーティーな爽やかさを与えます。ジューシーなブラッドオレンジが出会うのは、ゼストを感じさせるシトロンのエッセンスとグレープフルーツのタッチ。一方で、洋ナシのエッセンスがシャープなノートに優しさをもたらします。そしてすぐに、ディオール オム フレグランスのシグネチャーであるスパイシーアロマの香りが広がり、レモンのお香であるエレミのノートが引き立てます。全体に広がる爽やかさがどこまでも続き、それを支えているのはピンクペッパーとナツメグのノート。ゼラニウムを思わせる、落ち着いていながらもシャープなヘッドノートが、ハイチ産ベチバーとサンダルウッドのウッディー ベースノートと対話します。「ディオール オム スポーツを一新し、スパークするノートで包み込みました。極限までフルーティーさを引き出したノートです。こうしたノートは自然に生きる鳥のようにすぐに飛び立ってしまうため、ヘッドノートに続く他のノートで香りを長引かせることで、爽やかさが持続する印象を与えます。フレッシュでホットな一陣の風に、スパイスが際限なく寄り添います」とフランソワ・ドゥマシーは結びます。

20th 2月
新作

Life is a Playground

新しい「ディオール オム スポーツ」のために、映画監督ロマン・ガヴラスがフィルムを制作。張り詰めたセンシュアルな雰囲気に包まれた作品のタイトル『Life is a playground』からは、様々な思いが頭をよぎります。作品に再び登場するのは、自由に夢中になった、たくさんの人生を一度に生きる男性。アイコンとなったビジュアルイメージの中で、ロバート・パティンソンが演じた男性です。エアロスミスとRun–D.M.C.の『Walk this way』をサウンドトラックに、監督はこれらのショットとニューヨークのストリートのシーンをミキシング。決して眠らない街のエネルギーがあますところなく感じられ、ディオールマンの物語を新たな領域へと誘います。

20th 2月
新作

新たな ディオール オム スポーツ

「ディオール オム スポーツ」が再解釈され、フレッシュ&スパイシー フレグランスが登場。都会的なエネルギーを思わせる香りを手掛けたのは、フランソワ・ドゥマシー。メゾンのフレグランスの世界観を表現するロバート・パティンソンが、ピーター・リンドバーグ撮影の新作キャンペーンのビジュアルイメージの中で新しいフレグランスを体現します。

それは都市に生きる現代的な男性の香り。その佇まいを映し出す香りは、洗練とカジュアル、エレガンスとストリート スピリットをミックスしています。誘惑とエネルギッシュの絶妙なバランス。フレグランスのインスピレーションは、新しいライフスタイルのコード。そこではスポーツが人生哲学となり、愛、笑い、ダンスを意味するのです。フランソワ・ドゥマシーはフレグランス「ディオール オム スポーツ」を改めて調香し、シトラスの爽やかさを、スパイシーでセンシュアルなノートが支える香りを創造しました。

活動的な男性に捧げられた鮮烈でフレッシュな香りを表現するのは、ロバート・パティンソン。2013年以来、フレグランス「ディオール オム」のキャンペーンモデルを務めています。写真家ピーター・リンドバーグがカメラでとらえた、ロバート・パティンソンの愁いに沈んだ魅力。シンプルなブラックの装いに身を包み、断固としたまなざしで、大きく跳躍する姿をとらえた一瞬は、何も彼を止めることはできないと言っているようです。モノクロのポートレートはニューヨークの都会的なエレガンスを見事に表現し、映画監督ロマン・ガヴラスが手掛けた新しいフィルムにリンクします。新作フィルムは本日からDiorMagでご覧いただけます。

19th 2月
ディオールの遺産

20/映画の70シーン

ジャン=ピエール・メルヴィル監督『恐るべき子供たち』(原題:Les Enfants terribles)のシーン。クリスチャン・ディオールの友人、ジャン・コクトーの小説の映画化作品。タオル地のバスローブが強く印象に残り、『L’Express』誌は同作品を「バスローブの悲劇」とまで呼ぶことになります。

©

Gaumont/Continentale/Concord/The Kobal Collection/Aurimages

19th 2月

19/映画の70シーン

1952年、ローレン・バコールとハンフリー・ボガート。最前列でディオール ショーを鑑賞。

©

Association Willy Maywald/ADAGP, Paris 2017

過去の記事