24.04 ディオールについて

香水についてのある視点

ギャラリー

DiorMagは昨日、エクストレドゥパルファンについて取り上げました。このエクストレドゥパルファンは最高級の原料とオート パフューマリーに捧げるオマージュ。それはディオールを他にはない類稀なフレグランスのメゾンとする哲学が高められた、真の傑作です。

ディオールの名前が打ち込まれた繊細な紙の小箱。その蓋の下には、小さく上品なボトルがあります。エクストレドゥパルファンを閉じ込める外装は、フレグランスという領域を超えた調香師の哲学そのもの。細部にまで散りばめられたディオールのエスプリが、構想の段階から原料の選択、ボトル製造から包装にいたるまで、製造のあらゆる段階でフレグランスの中に吹き込まれているのです。

卓越性を核とするこの哲学とは、メゾンに遥か昔から宿るものです。正確にいうと1947年2月12日から。それはクリスチャン・ディオールが、最初のクチュールコレクションと同時に、最初のフレグランスを発表した日です。それはまた、オートクチュールとオート  パヒューマリーは、フランスのラグジュアリー界の同様の厳しい基準に決定付けられる同じ女性らしさの2つの異なる表現であるということを示し、彼はクチュリエであり調香師としてその名を世に知らしめた日でもあります。

卓越性を核とするこの哲学とは、メゾンに遥か昔から宿るものです。正確にいうと1947年2月12日から。それはクリスチャン・ディオールが、最初のクチュールコレクションと同時に、最初のフレグランスを発表した日です。それはまた、オートクチュールとオート  パヒューマリーは、フランスのラグジュアリー界の同様の厳しい基準に決定付けられる同じ女性らしさの2つの異なる表現であるということを示し、彼はクチュリエであり調香師としてその名を世に知らしめた日でもあります。

しかしこのような共通の特徴以外でも、このふたりはある場所‐グラース‐で結ばれています。それは南フランスに位置するオート パフューマリーの地。その土地のそのコルノワールでクリスチャン・ディオールは1951年よりローズの栽培を始めました。フランソワ・ドゥマシーが少年期を過ごし、花について学んだのもこの場所。また、メゾンのフレグランスの個性を作るローズやジャスミンが栽培されているのも、栽培者の情熱と類稀な品質という観点から厳選されたこの土地です。そして南フランスの太陽の下、この花園でこそディオールのフレグランスの独自の物語が始まるのです。

メディア