22.11 VIP

シネマ クチュール

ギャラリー

ハンガー・ゲーム2(原題:キャッチングファイヤー)』の主演女優であるジェニファー ローレンスは新作紹介の舞台で身に纏うドレスに、ディオールのオート クチュールを選びました。 2週間に渡るワールドツアーにおける、スター、ジェニファーのディオールの装いのエレガンスに注目して振り返ります。

これは勇気を示すことによって家族のただひとつの希望となる若い女性の物語です。この若い女性、カットニス エバディーンをスクリーン上のハンガー・ゲーム シリーズで演じるのがジェニファー ローレンスです。世界の終末の後の世、ポストアポカリプスのアメリカにおいて毎年繰り広げられる残酷なゲーム、『ハンガー・ゲーム』の勝者となったカットニスは彼女の地区の象徴、希望となりました。このシリーズ第二作では、この若い女性は、我が身の生き残りのためのみならず、彼女の人民の自由のために、ゲームの新しいルールの元で、再び武器を取って戦いに挑みます。スクリーン上のジェニファー ローレンスは、完璧に若者の力強さと勇敢さを演じています。わずか23歳の若さで、既にアカデミー主演女優賞を獲得しており、この若い女性はワイドスクリーンには欠かせない重要人物となりました。そのスターとしての風格と輝くばかりの若さが同時に、この女優がレッド カーペットを踏むたびに、清冽にほとばしるのです。

ロンドンでのプレミアショーではマルチカラーのエンブロイダリーを施したホワイト シルクのドレスで、ベルリンではスカイブルーのエンブロイダリー コットン製ギピュールレースのコートで魅了しました。またマドリッドではマリン ブルー シルクのビスチェ ドレスで、ローマではバニラ カラー シルクのイブニング ドレスという装いでした。さらにパリではブラック シルクのトップスとプリーツ スカートの組み合わせ、ロサンジェルスではグレー ニットのイブニングドレス、またニューヨークの水曜日のソワレではピンクとグリーンのニットのブラの上にブラック ウールのジャケットを着用して輝いていました。どの装いにおいても、ジェニファー ローレンスはハリウッド グラマーの魅力とディオール ウーマンのエレガンスとの最高にピュアな化身なのです。

メディア

タグ付け : VIP