28.04 DIOR OVER THE WORLD

ダウンタウン ディオール

ギャラリー

4月24日、クリス・ヴァン・アッシュがニューヨークのソーホーにあるディオールオム ブティックで、パリ在住のアーティストデュオM/Mが創作したインスタレーションに囲まれて、2014年秋プレコレクションを発表しました。

4月24日。ニューヨークの最先端モードに欠くことのできないソーホー地区で、2014年秋プレコレクションが発表されました。ディオール オムのクリエイター、クリス・ヴァン・アッシュは、その舞台装置に初めて、パリで活躍するグラフィックアーティストデュオM/Mに依頼。M/Mは、共にグラフィックデザイナーでアーティストでもあるミカエル・アムザラグとマティアス・オグスティニアックの2人組で、アートとデザインを同時に取り入れたアーティストとのコラボレーションを数多く手がけていることで有名です。これまでに、ビョークやバンジャマン・ビオレとミュージッククリップやアルバムジャケットを制作したほか、パリ市立近代美術館ともコラボレーションしています。

今回、コレクションの発表を際立たせたのが、何枚ものベールに覆われた光り輝くインスタレーションです。ブラックあるいはホワイトのベール1枚1枚にアルファベットが1文字ずつ書かれており、端から端までの全体でアルファベットを構成。アルファベットならぬ「アルファディオール」として、メンズワードローブのイロハを表現していました。その雰囲気は、同じくM/Mが制作しカリム・サドリが写真を手掛けたカタログからも感じることができます。

メディア

タグ付け : DIOR OVER THE WORLD