03.09 ニュース

J’ADORE : THE FILM

ビデオ

お知らせしていた通り、「ジャドール」がその歴史に新たな1ページを綴ります。本日は、そのビッグイベントとなるフィルムをご覧ください。ジャン・バプティスト・モンディーノが手掛けた作品の中で、女優そしてミューズのシャーリーズ・セロンが、現代性に溢れる別世界へと連れて行ってくれます。

前に進んでいく一人の女性。官能的な歩みと断固たる足取りで、シャーリーズ・セロンが新たな世界への幕開けへと連れて行ってくれます。その光景は神々しいゴールドの光に包まれていながら、非常に現実的です。独創的で希望に溢れる展望が広がります。「The future is gold」と告げ、シャーリーズ・セロンは自信に満ち、未来を手にするために進んでいきます。彼女が纏うオートクチュールドレスは、身体の官能的な曲線にぴったりと寄り添い、シャーリーズはフェミニティそのものの姿となって登場しています。彼女が進んでいくのは、ヴェルサイユ宮殿の鏡の間。最新フィルムが語るストーリーは、まさしくここから始まります。同じ場所で前作キャンペーンのストーリーが終わっています(マリリン・モンロー、マレーネ・ディートリッヒ、グレース・ケリーがディオールのショーのバックステージにいたのが鮮明に思い出されます)。しかし、今回のストーリーの舞台は未来。現代に生きる女性の運命をはっきりと描き出しています。現実をしっかりと見据え、完全に未来を向いている女性です。「キャンペーン全体が女性たちを賞賛しています。欠点、強さ、堂々たるパワー、神秘、女性たちが持つあらゆる面を讃えているのです」女優そしてフレグランスのミューズ、シャーリーズ・セロンはこう主張しています。シャーリーズ・セロンはゆっくりと、ヴェルサイユ宮殿の洗練された伝統の世界から、興奮に包まれた都市の現代的な輝きへと移っていきます。

「過去は美しくみえる。思い出、夢…。でもそれは過ぎ去ったこと。」彼女の囁きが聞こえます。その声は続き、希望とリアリズムが響きわたります。「今、より高い所へ。そこは、天国ではなく、新しい世界。」鏡の間の美しい細工を凝らした天井からは、金糸を織り込んだ布が垂れ下がり、シャーリーズ・セロンの前に広がります。それはまるで誰かの呼ぶ声。反射して煌めくゴールドの光は、貴重なドレスと、曲線が全体を包み込む「ジャドール」のフレグランスボトルを思わせます。優雅なゆったりとしたフォルムはフレグランスのフローラルブーケのイメージそのまま。ローズがジャスミンを抱き締めるフローラルブーケです。シャーリーズは高みへと向かいます。まるで、ひとつの希望に向かって真っ直ぐに進んでいくように。その姿は毅然とし、自信に満ちています。明るく楽天的な勢いに運ばれて、都市の景色に広がる、きらめく超高層ビル群の間にシャーリーズ・セロンが浮かび上がります。これこそ「ジャドール」ウーマンの未来。輝く光に包まれながら、極めて現代的な世界。シャーリーズ・セロンは、彼女が持つフェミニティの全ての力で、この世界を支配するべく定められているのです。

メディア

タグ付け : ニュース