02.06 ディオールについて

貴重なバラ

イメージ

ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが手掛けるローズディオールプレカトランコレクション。グランヴィルにあるクリスチャン・ディオールの庭園で過ごす牧歌的なエスケープのようなその世界をご紹介します。

クリスチャン・ディオールが愛した花をモデルとしたローズ ディオール プレ カトラン コレクション。そこにあるのは、咲き誇るバラの自然なエレガンスです。繊細な花びらをアメジストやオニキスが、葉をピンクゴールドがそれぞれ再現し、細部ではダイヤモンドまたはイエローサファイアのミツバチがこの貴重なジュエリーの花から蜜を集めます。これはまさに、クリエイター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが紡ぐ詩情あふれる物語。そこでは自然は飽くことなくその道を進み、何よりも調和が重視されます。

ブラックオニキスの深みとイエローサファイアの煌びやかさ、アメジストのやわらかなパープルとダイヤモンドの輝きがそれぞれに調和を成し、完璧な一体化を見せています。そこにあるすべてがディオール ジュエリーのシンフォニーを作り、それはまさに女性らしさへの甘美な頌歌です。1947年2月12日、自身初のショウのためにクリスチャン・ディオールが考案したフラワーウーマンにインスピレーションを得た、繊細な音色を奏でます。

メディア