25.10 DIOR OVER THE WORLD

彫刻のような美

イメージ

10月1日から、サントノーレ通りで、カラーにまつわるハイクラスな彫刻作品を鑑賞することができます。ルージュ ディオール リップスティックのケースでできた3体の巨大なミス ディオール バッグが、美容に特化されたメゾンの新しいポップアップ ストアのショーウィンドウを占拠しているのです。

ディオールにおいて、口紅とハンドバッグの間には長く続いている物語があります。身につけてどこにでも持っていける口紅を初めて創り出したのはクリスチャン ディオールです。贅沢なケースはハンドバッグに滑り込ませるために、いつでも素早く口紅を塗りなおすことができるように、特別に考案されました。なぜならディオールの口紅はそれぞれが、ある特定のドレスとマッチングしているからです。また美容とクチュールを結んでいるエレガントな調和を切り離すことはできないのです。今日、ナタリー ポートマンに象徴されるディオール ウーマンは自分のミス ディオール バッグを手放すことがありません。彼女のシグネチャー、颯爽とした足取りとエレガントな自信を与えるタッチ、それがルージュ ディオールです。いつも手の届く場所のバッグの中にいて、ルージュは彼女から離れはしません。ポップアップストアのショーウィンドウの3体のミス ディオール バッグは、レザー製品と口紅の親密な関係を面白がって姿を表したかのようです。両者の絆は日に日に強く確かなものになっています。

もはや自分のルージュ ディオールを探すのはアートの手法で積み重ねられ、構成された沢山のルージュ ディオールのケースの間であって、自分のハンドバッグの中ではありません。沢山のリップスティックのケースによってミス ディオール バッグのラインが形作られています。このような新しい解釈を得て、ルージュはかってないほどコンテンポラリーでフェミニンになり、ピンクやレッドに彩られています。オリジナルのバックの細部は驚くべき精密さで表現されています。レザーのカナージュ装飾のキルティングやチェーンのデザインまでよく似ています。ルージュ ディオールのクチュールな スタイルへの独創的なオマージュです。

メディア

タグ付け : DIOR OVER THE WORLD