2018夏 Dior Homme
コレクションショー

2017年06月24日 - パリ - 15時00分 (GMT+2)

今回、Dior Hommeを率いてきた自身の10年間を彩るために、クリス・ヴァン・アッシュがベースとしたのが、パリ8区のマリニャン通り3番地に位置するメゾンのアトリエのサヴォワールフェールでした。プロセスとプロポーションを深く考察することで基盤を構築した今回の2018夏コレクション。Dior Hommeのスーツの構造を巧みに分解し再構築することで、見事なまでに計算し尽されたボリューム感が生み出されました。

ブラックウールオットマンで仕立てられた、ボディラインに沿ったシルエットのブレザーは、数多くのバリエーションを生み、今回、サマーロングコート、背中の開いたジャケットやノースリーブのジャケット、そして斜めに裁断された燕尾服として登場しました。Dior Hommeジャケットのベース部分は、裁断されてポロシャツやシャツに姿を変えたり、あるいはワイドパンツのウエストに直接縫い合わされ、都会的なトロンプルイユを演出しました。大人の男性への過渡期を表現するかのように、学生を思わせるディテールとテーラーリングのベースが融合。ジャケットにボンバージャケットのスリーブを組み合わせ、月桂樹の枝をモチーフにしたロゴはスウェットにプリントされ、アーガイルモチーフのニットは、飾り気のないゴシックスタイルのアクセサリーと合わせられました。
仮縫いのステッチやミシンステッチが装飾の役目を果たす一方、アトリエのアドレスを表示したモノクロームのリボンは、アトリエのロゴとしてコレクション全体に登場し、フード付きのコートやグレインナッパのバッグにあしらわれました。貼り合わされたエッジやスポーツウェアのストライプは、他のディテールの中でも特に存在感を放っていました。アーティスト、フランソワ・バードの絵画から取り入れたポートレート、フード付きのシルエット、暗いタッチの蘭は、スカーレットレッドやボルドー、キャメル、スカイブルーのパレットにシアンやイエローの色合いを添えます。
夏のムードから発せられる純真無垢な感情が、スポーツウェアとテーラリングの融合を際立たせました。

詳細はこちらをご覧ください
閉じる

クリス・ヴァン・ アッシュのインタビュー

カレンダーに加える
カレンダーを選択する
ショーについてのインフォメーションを受け取る
ショーのビデオ、ルック、バックステージ、その他のショーについてのコンテンツがDior.comでダイレクトにご覧いただけます。
ニュースレターの購読を希望される場合はこちらを選択ください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
ニュースレター購読のお手続きを承りました
DIORMAGアプリをダウンロードする
アプリは異なるダウンロードセンターにて利用できます。
お客様のOSを選択してください。

2018夏 Dior Homme
コレクションショー

24 6月 2017 - パリ - 15H00 (GMT+02)

ページトップ