2018/2019冬
Dior Homme コレクションショー

2018年01月20日 - パリ - 15時30分 (GMT+01)

若さ:絶対的な無頓着で理想を具現化する自由。成熟:ある経験から出来事を観察する意識。今日の男性のモードを定義するフォーマルとインフォーマルの規範の一定の進化を生じさせつつ、クリス・ヴァン・アッシュの創造によるDior Homme 2018-2019冬コレクションはこの二元性を表現しています。タトゥーの90年代文化のサンボリスムと共存するDior Hommeのスーツの繊細な解体は、Dior Hommeアトリエによる仕立てのサヴォワールフェールの精巧さとある種の都会のノスタルジーのルールをもまた対立させているのです。

ムッシュ ディオールの非常に構築されたトワルに敬意を表して、Barジャケットの洗練されたバリエーションがメゾンのサヴォワールフェールを際立たせます。ジャケットはブラックウールのgrain-de-poudre織で仕立てられ、重なった折り返し、貼り付けポケット、将校風のダブルボタンを施されています。この極端なエレガンスに対し、タトゥーモチーフがグラフックシンボル「rave」となり、エンブレムの形で、もしくはオールオーバープリントでコレクションにそって見つけられます。モミのグリーンと緋色と蛍光イエローの色合いでのニットのポロシャツやタンクトップ、タートルネックのだまし絵的な重ね合わせは、構成のしっかりしたトレンチコートとダブルフェイスのカシミアコートの並んだティーンエイジャーのワードローブをほのめかしています。また重ね合わせの別のレベルが、ナイロン製の短いパーカーやダッフルコート、ウールのブルゾン、テクニカルウインドブレーカーの下に身につけられたウールやウォッシュドデニムのハイウエストプリーツパンツに表れています。 

新しいバッグDior Comboはエキゾチックなレザーのスーツケースがサルトリアルタッチであるのに反して、取り外し可能な数個のジッパーポシェット、ショルダーストラップでできています。レザープリントでタトゥーを施されたオックスフォードやキャンバス地のハイカットスニーカーがストリートウェア対テーラリングのコントラストを強調し、この若さと成熟の確固とした二元性を表わしています。

詳細はこちらをご覧ください
閉じる

クリス・ヴァン・ アッシュのインタビュー

カレンダーに加える
カレンダーを選択する
ショーについてのインフォメーションを受け取る
ショーのビデオ、ルック、バックステージ、その他のショーについてのコンテンツがDior.comでダイレクトにご覧いただけます。
ニュースレターの購読を希望される場合はこちらを選択ください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
ニュースレター購読のお手続きを承りました
DIORMAGアプリをダウンロードする
アプリは異なるダウンロードセンターにて利用できます。
お客様のOSを選択してください。

2018/2019冬
Dior Homme コレクションショー

20 1月 2018 - パリ - 15H30 (GMT+01)

ページトップ