2017-18秋冬オートクチュール
コレクションショー

2017年07月03日 - パリ - 14時30分 (GMT+02)

「私が買ったのは、ハンカチにプリントされたパリの地図。」カール・グツコー

ディオール アーカイブに眠っていた、メゾンの世界展開を物語る地図が描かれた1953年制作のアルベール・デカリの彫刻。そして、クチュリエの自伝『Christian Dior et moi(クリスチャン ディオールと私)』の中につづられた、「完璧なコレクションは、すべての国のすべての女性像を対象としなければならない」という言葉。メゾンの創業70周年を祝福する2017-18秋冬 オートクチュール コレクションで、ウィメンズラインのアーティスティック ディレクター マリア・グラツィア・キウリにインスピレーションを与えたふたつの要素です。

マリア・グラツィア・キウリにとって地図とは、異国への憧れ。世界を知り、自分自身を見出し、感動を得、自らを成長させる旅に焦がれる思い。そして、彼女自身が旅したローマからパリへの旅路や、ディオール ヘリテージの探求を象徴するもの。地理的のみならず精神的にも境界線を越えることに成功した最初の女性冒険家たちのように、波乱の歩みを続けてきたマリア・グラツィア。そうしたヒロインたちに着想を得て、メンズワードローブからのエレメントを取り入れ、エスニックなアイテムと組み合わせた手法を用いました。男性向けの生地を、独自の感性と新たなテクノロジーにより玉虫色に輝かせ、あるいはほのかな明るさを加え、ジャケット、コート、シャツ、コンビネゾンに取り入れています。そのデザインは、パイロット用の小さなブルゾンや、プリーツの入ったキュロットスカートをも思わせます。そして、20年前からディオールの帽子デザインを担当してきたデザイナー、スティーブン・ジョーンズによるマスキュリンなフェルト帽。フレヤ・スタークをはじめとする女性探検家の帽子に着想を得たデザインです。

マリア・グラツィア・キウリが描いた原点回帰は、様々な感動を映し出した地図となりました。ピンクがかったパウダーグレーのチュールやシルク、あるいはナイトカラーのベルベットのケープやイブニングドレスの上に、まるで地図のように施された色彩や、花々、タロットカードの刺繍。地図や地球儀のある空間にいるかのように、ひとつの視点を作り上げては覆す、空想の世界。文化やスタイルを探求し続ける女性らしさの力を物語ります。

ショーの会場には、マリア・グラツィア・キウリとクリエイティビティを共にするアーティスト、ピエトロ・ルッフォにより、詩的なタッチで描かれた天球図と地球がデザインされています。

詳細はこちらをご覧ください
閉じる

シルエット

マリア・グラツィア・キウリのインタビュー

ピーター・フィリップスのインタビュー

360度パノラマビデオ

カレンダーに加える
カレンダーを選択する
ショーについてのインフォメーションを受け取る
ショーのビデオ、ルック、バックステージ、その他のショーについてのコンテンツがDior.comでダイレクトにご覧いただけます。
ニュースレターの購読を希望される場合はこちらを選択ください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
ニュースレター購読のお手続きを承りました
DIORMAGアプリをダウンロードする
アプリは異なるダウンロードセンターにて利用できます。
お客様のOSを選択してください。

2017-18秋冬オートクチュール
コレクションショー

03 7月 2017 - パリ - 14H30 (GMT+02)

ページトップ