8日目 | DIORMAG

16th 5月
VIP

9日目

カンヌ映画祭に、ラース・フォン・トリアーとマッテオ・ガローネはDior Hommeを着用して登場しました。

©

Getty Images

15th 5月
VIP

エミリア・クラークのドレスに見るサヴォワールフェール

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

15th 5月
VIP

8日目

カンヌ映画祭8日目のこの日、エミリア・クラークはマリア・グラツィア・キウリがディオールのために特別にデザインした作品を着用しました。

©

Getty Images

14th 5月
VIP

シャルロット・ルボンのドレスに見るサヴォワールフェール

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

14th 5月
VIP

7日目

カンヌ映画祭7日目のこの日、女優のシャルロット・ルボンはマリア・グラツィア・キウリがメゾンのためにデザインしたチュールのドレスを着用しました。

©

Getty Images

14th 5月
ディオールの遺産

永遠のマリリン

グラマラスという概念を体現する彼女、ハリウッドで愛されたこの概念。マリリン・モンローとクリスチャン・ディオールはともに、伝説的な絆を紡ぎました。

©

Photographed by Milton H. Greene © 2018 Joshua Greene archiveimages.com

1953年、ハワード・ホークス監督作品Les hommes préfèrent les blondes(紳士は金髪がお好き)で、マリリン・モンローはジェーン・ラッセルと共演。スクリーン同様私生活でも友人の2人はパリに到着してすぐに、ニュールックを象徴するかの有名なバー スーツが飾られているディオールのウィンドー前に辿り着きます。ブティックがここでは映画の舞台を形成する純粋な幻想であるとしても、光の都やその比類なきエレガンスに言及する時、大西洋の向こうに君臨するメゾンのオーラをこのシーンは確実に物語っています。


ディオールとブロンドヘアのアイコン的存在の絆は、あるシューティングの際カメラに収められます。背中まで深く切り込まれたデコルテのブラックドレスに際立つマリリン・モンローの伝説的な美しさを、この一連の写真が別れのキスのごとく永遠に捉えます。1962年、ヴォーグ誌のためにバート・スターンにより行われた彼女の最後の撮影です。


死去から50年以上経過した今でも、このスターはその神秘で魅了し続けます。2011年、映画監督ジャン=ジャック・アノーの構えるレンズの前で、ヴェルサイユ宮殿鏡の間にてJ’adoreのキャンペーンが撮影されます。ミューズのシャーリーズ・セロンがランウェイまで辿り着く間、ディオールを纏ったマリリンが登場し、グラマラスという概念を永遠に象徴するのです。

13th 5月
サヴォワールフェール

カーラ・ブルーニのドレスに見るサヴォワールフェール

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

  • ©

    Sophie Carre

過去の記事