Diordirection | DIORMAG

22nd 7月
新作

J’Adior

メゾンのシグネチャーのように、「J’Adior」の文字が2018 フォール プレタポルテ コレクションの作品にリズムを刻み、パンプスとイヤリングに登場します。

22nd 7月
新作

マスキュリン

ブラック&ホワイトのコントラスを描きだすバイカラーシューズ「Dior Unit」は、2018 フォール プレタポルテ コレクションの作品。マスキュリンなアクセントがきいたシルエットを完成させます。「Dior21st」バッグは、ゴールドメタルチェーンのハンドルと、クリスチャン・ディオールのイニシャルを象ったグラフィカルなクラスプが特徴的なクリエイション。

22nd 7月
新作

Diordirection

2018 フォール プレタポルテ コレクションのために、メゾンのアーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリがインスピレーションを得たのは、シュルレアリスムのアーティスト、クロード・カアンの世界。その作品はアイデンティティとジェンダーについて問いを投げかけています。こうして「Dior Direction」パンプスに見事に表現された、メンズワードローブのタイムレスな逸品、モカシン。ブラックラムスキンの「Diordirection」バッグと同様、アンティークゴールドメタルが綴るクリスチャン・ディオールのイニシャルを掲げます。

21st 7月
新作

フレッシュ ソルベが潤す素肌

バカンス中でも保湿は美の習慣の基本。「ディオール ライフ」で毎日のスキンケアが幸福感に包まれる感動のひとときに変わります。

自然と歓びが凝縮した「ディオール ライフ」が提案する、新しい*肌保湿。マローとハベルレアフラワーから作られた「ライフ ソルベ エッセンス」が、夏に欠かせない、みずみずしい安らぎのひとときをもたらします。天然由来成分を豊かに配合し、瞬時に肌に活力を与え、肌の奥深くまで保湿。「ライフ ソルベ クリーム リッチ」に使用しているのと同じ成分が肌を静め、ハリのあるなめらかな肌へと導きます。ジェルクリームのテクスチャーが瞬時に爽やかな効果をもたらし、潤いを保ちます。完璧な美の習慣に欠かすことのできない、もうひとつのステップは目元ケア。セラミック製アイスキューブ アプリケーター付き「ライフ ソルベ アイ ジェル」は、贅沢に配合したコーンフラワー エッセンスとミネラル パール エッセンスが目の周囲を輝かせ、疲労のサインを抑えて1日中いきいきとした目元を叶えます。太陽に映えるナチュラルな美しい肌のために。

*ディオールにおける新しいケア

21st 7月
新作

夏色のビューティールック

甘酸っぱいキャンディカラーの「ディオール アディクト リップ ティント」と「ディオール ヴェルニ」から、肌の輝きを高める「ディオールスキン ミネラル ヌード グロウ パウダー」まで、ディオールがご紹介する夏のメイクアップ必須アイテム。ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター、ピーター・フィリップスの豊かな創造性から誕生した作品です。

新色のビタミンカラーにインスピレーションを与えたのは、太陽をたっぷりと浴びたフルーツとナチュラルカラー。421 ナチュラル ベージュや451 ナチュラル コーラルのシェードが登場する「ディオール アディクト リップ ティント」は、タトゥーのように唇を染め、メイクアップの常識を一変させます。唇が自ら色づくような自然な仕上りを叶える、ロングウェア リップ ティント。同じく、ネイルを夏のカラーで彩る「ディオール ヴェルニ」。簡単に指先をドレスアップし、フレッシュな“ヌード”ニュアンスで包み込む、268 リュバンと108 ミュゲ。鮮やかなシェードの445 コーラル クラッシュ。ナチュラルな輝きと健やかなスキントーンを一瞬で叶える「ディオールスキン ミネラル ヌード グロウ パウダー」は、あらゆる肌色に合わせて表情を輝かせます。太陽に明るく照らされた健康的な肌を演出する心強い美の味方とともに、爽やかな地中海の夏を思わせる完璧なルックに。  

21st 7月
新作

夏の香り

晴れやかな長い一日の前奏曲として、メゾンはディオール パフューマー クリエイター、フランソワ・ドゥマシーが創造した3つのアイコニックな作品を発表します。心をとりこにする爽やかなフレグランスが登場するまたとない舞台は、太陽に照らされた色鮮やかなローマの街。  

夏を予感させる「ミス ディオール ブルーミング ブーケ」がフローラルノートの優しいフレグランスを広げます。ピオニーとダマスクローズの繊細なアコードが、カラブリアン ベルガモットのみずみずしいノートとホワイト ムスクの甘美なノートに加わります。詩情をそそる芳香を放つ、情熱あふれる魅惑的な「ミス ディオール」。やはり夏のシグネチャーとなる「ジャドール イン ジョイ」は、フルーティ・ソルティー アコードが感覚を魅了する、絶対的な女性らしさのフレグランス。その名は歓喜の叫びのように、永遠の愛の告白のように響きます。今、この一瞬を讃える、この夏のイタリア流「 甘い生活」に捧げる頌歌。

弾ける爽やかさのスパイシーな「ディオール オム スポーツ」は、フランソワ・ドゥマシーが新たに解釈したフレグランス。エレガントな都市生活者のための、つねに活動し続ける男性のための香り。ローマの街が彼らの新しいフィールドに変貌します。フルーティ ノートとスパイシー ノートを中心に作り上げられたフレグランスは、ブラッドオレンジ、シダー エッセンス、グレープフルーツのようなフレッシュな柑橘系ノートを、やさしい洋ナシのエッセンスに結び付けます。この夏楽しむ、数々の香りの経験。 

20th 7月
新作

「サドル」バッグ

アイコニックでタイムレスな「サドル」バックが 2018-2019 秋冬 キャンペーンに登場します。

一目で分かる個性的な鞍のフォルム。マリア・グラツィア・キウリが再解釈し、様々なカラーと素材で展開する2つのサイズが登場します。ショーのインスピレーションとなった、1968年の五月危機と響き合うクリエイション。豊かな創造性に湧いた時代がアーティスティック ディレクターを導き、このコレクションが誕生しました。2つのパッチワーク バージョンのデザインが登場。ひとつは「セブンティーズ」のアクセントを添えた花々に飾られ、もうひとつはデニムを纏い、「Peace and Love Dior」の言葉を掲げます。

この他にも、繊細にパール刺繍をほどこした9つのパーツに飾られたモデルが登場します。鮮やかなカラーがコントラストを描くデザインにしたがい、手作業で刺繍をほどこした作品です。また、「ディオール オブリーク」キャンバス モデルと、モノクロームレザー モデルも。フリンジとメタルピースが美しく飾る、新しいエスニック ストラップを合わせれば、クロスボディバッグにもなり、思いのままの軽快な足取りで、自信に満ちた自由な装いを演出します。「今回のコレクションは、この作品の時代を超えた美を改めて讃える機会になりました。メゾンの近代史に登場したアイコンは、人生という、日々の戦いに立ち向かうための完璧なアクセサリーだと考えています」とマリア・グラツィア・キウリは語ります。

過去の記事