DIORMAG | DIORMAG

19th 9月
新作

カーラによるカーラ

Be Dior, Be Free, Be Cara ! リップスティック「ディオール アディクト ステラー シャイン」の新たなミューズで、多面的な魅力を持つイギリスのスター女優兼モデル、カーラ・デルヴィーニュが、彼女らしい“シューティング”で活躍。マリア・グラツィア・キウリによる2019-2020 秋冬 プレタポルテのクリエイションの“ブリティッシュ”な反逆精神を自身の大胆な個性に結びつけています。自由の名のもとに撮影された一連のイメージは、『ディオール マガジン』 28号でご覧いただけます。

15th 9月
新作

バラの女王

特別な花、バラはオートクチュールのクリエイションを彩り賛美するクリスチャン ディオールにとって主要なインスピレーションの源です。卓越したスキンケア「ディオール プレステージ」を象徴する、グランヴィル ローズの物語をご覧ください。ノルマンディーの岸壁の上で生まれたこのバラが「ユイル ドゥ ローズ」で類いまれなる分子と微量要素の豊かさを明らかにします。

14th 9月
新作

ディオールの喜び

光溢れるフレグランス「ジョイ インテンス」の新しい彫刻を施したボトルは、喜びが持つ多数のファセットを表現した巧緻なシンボル。貴重なタリスマン、コンパスローズやクリスチャン・ディオールの幸運の星が究極の吉兆のように浮かび上がります。

強さを増したフレグランスは頬を染める感動と喜びのバラ色に輝き、これまでにないほど魅惑的な、このとらえ難い喜びが不意に手のひらで触れられるものに変わるのです。

14th 9月
新作

香りの花火

メゾンの新作フレグランス「ジョイ インテンス」が讃える喜び、比類なき感動は、ディオール誕生のときから、その中心で鼓動を高鳴らせてきました。

「ジョイ インテンス」が宣言する、あふれ出す香り。斬新な花々の煌めきを紡ぎだすのは、メゾン ディオールで光を放ち、響きわたる、無数の笑顔。この香りのブーケに君臨するのは、グラースのセンティフォリア ローズ。玉座に輝く、まろやかで力強いこの女王に寄り添う、ジャスミン サンバックとジャスミン グランディフローラムもまたグラースで崇拝される花。あらゆる花の中でも、その香り高いフルーティノート、有機的な“生き生きとした”美しさで傑出しています。少量のマダガスカル産バニラが加わり、花々がハーモニーを奏でるハートノートの中にスイーツを思わせ、心地よい温かさをもたらします。存在感あるネロリの、心惹かれる魅惑の香り。嵐のように、シャープなノートが花々を一変させ、フレグランスに強烈なエネルギーが生まれます。ネロリに寄り添い、なめらかなサンダルウッドが全体を包み込み、温かい雰囲気に。クリアでしなやかなパチョリがハートノートに広がり、喜びを讃える新たな頌歌を包み込みます。

13th 9月
新作

ハートノートで香る喜び

1947年2月12日の凍えるような朝、クリスチャン ディオールの最初のショーが行われた日。アイコニックなニュールックが登場すると、幸せの叫びが響きわたりました。戦時中の耐乏生活の後に取り戻された喜びへの賛歌でした。「最後のドレスが熱狂に包まれたランウェイに登場すると、マルグリット女史、ブリカール女史、私の3人は、試着室の中で口もきけずに顔を見合わせていた。レイモンドが迎えに来て、喜びの涙を流しながら大広間に私たちを押し出した。迎えてくれたのは、喝采の嵐。人生においてどんな幸せが訪れようとも、あの瞬間の感動を超えるものはないだろう」と、永遠に輝き続ける思い出をクチュリエは回顧録に記しています。

以来、この喜びは、絶対的な愛のメッセージとして絶え間なく伝えられ、女性のお客様すべてに向けられてきました。この絶対的な感情をディオール パフューマー クリエイター、フランソワ・ドゥマシーが新作フローラル フレグランス「ジョイ インテンス」の中で育みます。喜びだけを凝縮した、バラとジャスミンの香りがあふれ出すブーケ。

過去の記事