テト ドゥ モールの世界

  • 「わたしたちに喜びを与えてくれる大々的なパーティーは欠かすことができない」クリスチャン・ディオール

生の謳歌

  • ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌがデザインする新しいジュエリーコレクション「テト ドゥ モール」は、クリスチャン・ディオールが抱いていた生に対する愛をインスピレーション源としています。ラテン語のよく知られた格言「メメント・モリ(死を忘れるな)」、「カルペ・ディエム(今を楽しめ)」を再解釈し、今この瞬間を存分に謳歌することを称揚します。

丹念なクラフツマンシップ

  • テト ドゥ モール コレクションは、フランスのアトリエにおいてのみ可能な複雑な製造工程によって実現されています。クオリティと、美しいパステルの色調、色の深みを基準に、メゾンによって厳選された石が丹念に彫刻され、秘められた魅力が余すところなく昇華されています。

クリエーションに託されたシンボル

  • テト ドゥ モールコレクションには、ポジティブなメッセージを託したシンボルが秘されています。アメジスト製のジュエリーには、ツァボライト ガーネットのクローバーがあしらわれています。このクローバーは、クリスチャン・ディオールの幸運のお守りのひとつでした。ブルー カルセドニー製のジュエリーには、クチュリエの愛した花であるスズランの冠があしらわれています。ディオールは、オートクチュールのドレスの裾にスズランを忍ばせるという習慣を持っていました。バックに刻まれた小さなハートは、膨らんだ形状でジュエリー本体の中心軸から軽くずらされていることによって、永遠の愛を約束しています。

3つのコロラマ

ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌのデザインは、クリスチャン・ディオールの遺産を忠実に受け継ぎながらの巧みな色使いを特色とします。使用されたカラーには新たな謎がこめられています。ジュエリーピースには、石ひとつひとつのカラーニュアンスに合わせた意味が配されています。カルセドニーの深いブルーにはパワー、クォーツのパウダーローズには静謐、アメジストのやさしいバイオレットカラーには均衡と安定がメッセージとして秘されています。まとうもののパーソナリティに合わせて、3つのジュエリーからもっともふさわしいものをチョイスすることができます。