2019プレフォール メンズ
コレクションショー

2018年11月30日 - 東京 - 20時00分 (GMT+9)

かつてないランドスケープ「伝統に忠実でありながら常に未来を追求する」という現代の日本に内在するパラドックスは、21世紀のオートクチュールメゾンのアイデンティティを如実に反映しています。オートクチュールの作品は、過去に対する敬意とレボリューションのはざまで制作されてきました。メゾンのメンズ部門のクリエイティブディレクターを務めるキム・ジョーンズにとって2回目のショーとなる2019年プレフォール。このコレクションをデザインするにあたって、日本の文化が理想的なショーケースとされました。メゾンの新作コレクションがはじめて東京を皮切りに発表されます。

ディオールメゾンは、日本との間に深く大切な関係を築いてきました。日本に魅了されたクリスチャン・ディオールは、日本の衣服文化を研究し、自身のクリエーションのインスピレーション源としました。彼のオートクチュールコレクションには、一貫してアジアからの影響が見られましたが、なかでも日本の影響は特別な位置を占めていました。クリスチャン・ディオールのコレクションにみられる帯のように垂らされて結ばれた幅広のサッシュ、巧みにクロスしてやさしく体を包み込むデザイン、継ぎ目のない滑らかなラインのショルダー、着物のようなドレープ…、これらはいずれも日本の伝統衣装から着想を得たものであり、クチュリエのクリエーションを通じて表現され続けました。

 

キム・ジョーンズは、このような永遠のディオールスタイルのシグニチャーに、今日の日本のカルチャーシーンにみられる超モダンなリアリティを融合します。歴史的な神話ではなく、日本の現状を源とし、日本の過去の歴史と創造的な未来の両面に言及してみせます。伝統と新しさを折衷したコレクションは、クチュール伝来の縫法と最先端技術を取り合わせ、かつてないハイブリッドなクリエーションを展開します。

 

合理的で実用的な仕立ては、制服に着想を得たものですが、制服の持つ画一性は回避されています。ディオールの3つのキーアイテムであるハウンドトゥースツイード、ピンクカラー、ヒョウ柄がそれぞれ新たに解釈され、リニューアルされました。ヒョウ柄はウォーターカラーで表現され、ハウンドトゥースツイードは、使い古したような経時効果を得るために特別に織られ、想像上のヘリテージモデルとなります。メゾンのシグニチャーカラーであるピンクは、日本の桜の花の「サクラピンク」の印象的なニュアンスをまといます。これらのエレメントが、ディオールゆかりのパールグレーのカラーパレットと組み合わされます。

 

キム・ジョーンズは、オートクチュールの変わらぬ魅力のコアとなるインティマシーが映し出されたクリスチャン・ディオールの人生にインスピレーションを追求しています。ムッシュ ディオールが着用した、四枚の花の抽象的なモチーフのシルクタイが、新しいプリントを構成しています。メゾンのアイデンティティの重要な一端を担うオートクチュールのサヴォワールフェールによって、驚くことにファーとレースが混合されて扱われます。また、メンズObliqueスーツのダイアゴナルなラインが再考され、コートとニットウェアにおいて実現されました。ムッシュ ディオールのデザインに倣い、このコレクションは西洋の仕立ての伝統と、体を官能的に包み込む日本の着物の折衷をテーマとしています。

 

古き伝統とともに新しさを。アイテム全体に、最先端のメタリック技術を施した生地を使用しています。この加工を施したファーやレザーは、ブルーとシルバーの玉虫色に輝くロボットのような外観を獲得します。メタリックプリントを施したカーフスキンには、レーザーエッチングによって、シルクのようにソフトな滑らかさが付与されています。レザーカットで、ラバーやレザーにカナージュモチーフを施し、デニムアイテムに使用しています。

 

ミニチュア化もしくは拡大された「かわいい」シリーズのトイアクセサリーは、取り外しのできるポシェットとともにチャームのようにぶら下げて使用します。バッグに自由に取り外しできる外側のポケットが特色のディオール「ストリートシック」 (2002年アクセサリーコレクション)がリバイバルされました。スタイリッシュでありながら実用的で機能的なこのアイテムは、無限のアレンジやカスタマイズを可能にします。このアイデアに触発され、自由自在にまとえるキム・ジョーンズバージョンのサドルバッグが誕生しました。これらのアクセサリーは、ナイロンやレザー、メゾンのアイコンDior Obliqueキャンバスを使用しています。真空成型されたモダニストなシューズは、つま先にラバーを使用し、服飾アイテム同様に画期的なメタリック加工を施しています。フォーマルシューズとコンバットブーツには、スニーカー特有の高性能なダイナミズムが付与されています。

 

1920年代のクリスチャン・ディオールのギャラリストとしての最初のキャリアに触発されたキム・ジョーンズは、日本のカルチャーシーンに本質的に結びつきながら新たな境界を打ち立てるアーティストとメゾンのコラボレーションをキュレートします。日本の現代アーティスト空山基とのコラボレーションにより、ショーの一部の作品が制作されました。

 

また、ショーの舞台装飾も空山基が手がけています。彼の中心的な作品である神格化された女性のフィギュアがモノリスのように立ち現れ、ムッシュ ディオールが抱き続けた女性の神々しいフォルムに対する敬愛とエコーを奏でます。日本的な感覚にインスピレートされ、近未来的な半人・半ロボットの女性を実現する空山基の作品は、シルバーのマイラー製のセパレーツシリーズの装飾に用いられています。新しいレース装飾のベースとなり、一連のアクセサリーコレクションにおいては、アーティストのイマージュとDior Obliqueキャンバスが組み合わされ、墨のようなミッドナイトブルーとサクラピンクがコントラストを奏でます。空山基によってディオールのロゴタイプが再解釈され、ふたつのサインが誕生しました。彼のヒューマノイドとロボット動物は、チャームやペンダントにアレンジされています。

 

コラボレーションの枠を越えて、空山基の作品にみられるオプチミストな近未来の世界はコレクション全体のインスピレーション源となり、コレクションの扱いやアプローチ、創造力をつかさどってきました。つややかなアンドロイドは、布地の光沢やラメ、さらには純粋なメタルによって表現されています。ジュエリーの重要性も自然と高められています。ユン・アンがデザインするしっかりとしたチェーンでは、ナットやボルトによってロボットの世界をイメージします。空山基の世界は、ネックレスやリング、ブローチに昇華されています。究極のメタリック加工は、ジュエリーと服の境界をなくすことにあるといえるでしょう。帽子職人スティーブン・ジョーンズが光沢のあるスチールキャップを手がける一方で、ディオールのアイコンアイテムであるサドルバッグは、完全ポリッシュメタルバージョンで制作されました。限定エディションのコレクターアイテムとして、男性用のミノディエールがクリエートされました。芸術作品としてのファッションがここにあります。

詳細はこちらをご覧ください
閉じる

キム・ジョーンズのインタビュー

空山基とのインタビュー

ピーター・フィリップスのインタビュー

カレンダーに加える
カレンダーを選択する
ショーについてのインフォメーションを受け取る
ショーのビデオ、ルック、バックステージ、その他のショーについてのコンテンツがDior.comでダイレクトにご覧いただけます。
ニュースレターの購読を希望される場合はこちらを選択ください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
Diorの最近のニュース、独占記事の送付を希望される場合は、すべての項目を記載し、確定をクリックしてください。
ニュースレター購読のお手続きを承りました
DIORMAGアプリをダウンロードする
アプリは異なるダウンロードセンターにて利用できます。
お客様のOSを選択してください。

2019プレフォール メンズ
コレクションショー

30 11月 2018 - 東京 - 20H00 (GMT+01)

ページトップ