La Rose Dior

「La Rose Dior (ラ ローズ ディオール)」のストーリー

    • 嬉しいことに、この世界には花がある」とは、在りし日のムッシュ ディオールの言葉。彼にとっての花の女王は、幼い頃からその美しい姿と香りに親しんできたバラ以外にはありえませんでした。ムッシュのバラへの情熱に魅せられたヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが、その情熱を再解釈して生み出した新たなるジュエリー。究極のディオール フラワーをご覧ください。

    LE JARDIN DE CHRISTIAN DIOR

      • ミリー ラ フォレにあるクリスチャン・ディオールの庭園をモチーフに、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが、喜びに満ちたポエティックなジュエリーの庭園を作り上げました。エレクトリックカラーの色彩、ダイヤモンドと宝石のきらめき。「Diorette (ディオレット)」と「Milly Carnivora (ミリー カーニヴォラ)」コレクションの花々による、格別な美しさを誇るハーバリウムをご覧ください。