美の先端を行くディオール サイエンス

  • 世界中で400人のディオール研究者が、最新の医学的発見を化粧品に応用するために分析を行っています。革新、そしてより高い性能を求めて、研究者たちは、生物物理学、微生物学、分子生物学、細胞培養、組織イメージングを含む25の専門分野を強化し、充実させてきました。

世界中の専門家をつなぐネットワーク

  • ディオール リサーチの軸となるのは、ヨーロッパ最大の化粧品研究所の一つ、エリオス研究開発センター。フランスのサン・ジャン・ド ・ブレにあるエリオスは、アジア3都市(東京、上海、ソウル)のイノベーション センターと連携しています。アジア イノベーション センターの役割は、アジア人の肌の特質を分析し、彼らに最適なスキンケア ソリューションを提供することです。

1986年より続く、国際的な科学的コミュニティーとの最先端のパートナーシップ

  • ディオール リサーチは、スタンフォード大学やピエール・エ・マリー・キュリー大学といった、世界的に著名な研究機関とパートナーシップを組んでいます。これらのパートナーシップは、『ネイチャー』や『サイエンティフィック アメリカン』といった世界的に名高い学術誌における論文の共同発表や、国際的な科学者会議での共同研究の発表などで具現化されています。

ディオールの科学的発見

  • スキンケアの限界に挑むために、ディオールの研究者は様々な科学分野を探求しています:

    1. 肌の若々しさと活力における、表皮の幹細胞の重要性
    2. 予測型エイジングケアのための、微小炎症の抑制
    3. 肌の微量栄養素とスーパーフード有用成分
    4. 環境的ダメージから遺伝子を守るエピジェネティクス
    5. 大気汚染から肌を守るプロテアソーム
    6. 肌の深部のうるおいに関わるアクアポリン
    7. スキンフローラの重要な役割