ディオール & サカイ

  • 対話するディオール。今シーズン、ディオールがコラボレーションを行ったのは、インディペンデントなファッションブランドであるサカイ。2人のデザイナー、2つのヘリテージ、2つのカルチャーをまたぐクリエイティブな対話を表現するプロジェクトをご覧ください。メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズと、1999年創設の日本ブランド、サカイの阿部千登勢とのタッグにより誕生したメンズ カプセルコレクション。Diorの“i”の文字の中にサカイのロゴを飾ったアイコニックなディオール シグネチャーのバリエーションや、両ブランドならではの美意識とビジョンが融合したウェアに、そのアプローチが体現されています。

  • 「サドル」ラインの様々なバッグを特徴づけるのは、ポケットやドローストリングといった日本ブランドならではの実用的な装飾。また、クラシックなサカイのボンバージャケットを思わせる、鮮やかなオリーブやオレンジで彩ったナイロンやレザーが、お互いの素材感を引き立て合い、バッグにアクセントを添えます。ソールを大胆に重ねた「ディオール スノー」ブーツや「ディオール エクスプローラー」ブーツには、サカイの独創性が落とし込まれています ゴールド & シルバートーンの真鍮製“CD ICON”ロゴに、サカイのシグネチャーであるパールを散りばめたジュエリーが、コーディネートにオリジナリティを添えます。

「ディオールのアレンジが加えられたサカイのボンバージャケットが、それぞれのブランドの最もアイコニックなコードを表していると思います。テイラリングジャケットとサカイのアイコニックなアイテムを組み合わせたデザインです。2つを掛け合わせることで、これまでになくモダンなアウターウェアのシルエットが生まれました」 阿部千登勢

  • サカイのシグネチャーのひとつであるハイブリッドのスピリットがコレクション全体にみなぎります。ウェアには、ディオールのテイラリングとサカイのスポーツウェアのテイスト、つまり唯一無二のディオールのサヴォワールフェールとサカイの専門性の融合が表現されています。オーバーコートや「テイラー オブリーク」といった、ディオールらしいシルエットには、サカイの世界から取り入れた素材や技術を、ディオールの世界の花の装飾には、サカイらしいモダンな仕立てを組み合わせています。ミッドセンチュリーのファッション写真が蘇ったかのように、カラーパレットは主にブラックとホワイトを基調としています。

  • クリスチャン・ディオール自身によるクチュールの特徴でもある、パリと東京の間のクリエイティブな交流がコレクション全体に色濃く反映されています。日本製のデニムは、ワークウェアのシルエットと実用的なディテールがパリのクチュールメゾンの洗練と組み合わせられたアイテムに使用されています。スティーブン・ジョーンズによるソフトベレー帽といったディオールの象徴的なアイテムにも再解釈が加えられ、ディオールの歴史を新たな視点から捉えています。

キム・ジョーンズと阿部千登勢との対話から誕生した各ルック。ジョーンズと彼女は長年の友人でしたが、コラボレーションとしては今回が初めての試みとなります。2人のクリエイティブなアイデアが交錯し、真の融合を体現したなコレクションです。ディオールのヘリテージに根ざした、2つのブランドの新たな視点にご注目ください。

サヴォワールフェール