オート パフューマリー

香水の聖地、グラース

クリエイションの誕生

  • 1947年、ミス ディオールの誕生以来、ディオールは世界的な調香師とコラボレートしてきました。現在、ディオールのフレグランス クリエイター、フランソワ ドゥマシーを迎え、ディオールのシグネチャーである高いクオリティと独自性を持つ、時を越えて愛されるフレグランスをつくり出しています。

    さらに詳しく

香りの探求

  • ディオール フレグランス クリエイター、フランソワ・ドゥマシーが、ディオール フレグランスの独自性と類いまれな特徴についてご紹介します。それぞれのフィルムには、新しい原料の探求やインスピレーションを与えてくれる場所への旅が映し出され、伝統とノウハウとの出会いの物語が盛り込まれています。これは、世界中から集めた最高峰のエッセンスへ捧げる、繊細で人間味溢れる物語です。

    「ラボラトリーは、まるで旅のポストカードが集められたかのような場所です。」 ディオール フレグランス クリエイター フランソワ・ドゥマシー

    さらに詳しく

原料

  • 名香を生み出す秘密は格調高い原料にあります。だからこそ、クリスチャン ディオールは最高品質の原料のみを自身のクリエイションに用いました。

    さらに詳しく

芸術的なクラフトマンシップ

  • 名香にはその傑出したクオリティにふさわしいボトルを与えたいと常々考えていたクリスチャン・ディオール。ファッションとジュエリーを融合させ、まさに芸術品のような美しいボトルをつくりました。そうした伝統は、今日においても贅を尽くしたフレグランスの限定ボトルに見ることができます。

    さらに詳しく

ディオール フレグランス、比類なきノウハウ

  • ディオールの国内工場には、香水の生産と原料を保存するための専用のセラー(貯蔵庫)があります。天然、合成に関わらず、香料の保存はケアを要し、特に合成香料の保存には細心の注意が必要です。セラーの温度を調節し湿度を管理するために、常にチェックする必要があるのです。香水と原料の貯蔵には、ワインのセラー マスター並の高度な専門知識が求められます。 香りの安定性とトレーサビリティを保証するために、工場到着後から香水の製造に使われるまで、原料は定期的にチェックされます。

    さらに詳しく

クリスチャン ディオール、クチュリエ パフューマー

  • 1947年のデビュー当初から、クチュリエであると同時にパフューマーでありたいと公言していたクリスチャン ディオール。彼が手がけた初めての香水、ミス ディオールは、ニュールックを香りで表現した作品でした。花々をこよなく愛した彼が描き出した香りの輪郭は、ディオール フレグランスの真のスタイルに。そこには、ニュールックのモダニズムが余すことなく息づいていました。

    さらに詳しく