2021-2022秋冬オートクチュール コレクションのルック

マリア・グラツィア・キウリの2021-2022秋冬オートクチュール コレクションのために、ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、さりげないニュアンスのある絵画のようなスモーキーアイで目元が強調されたルックを作りました。

ナチュラルで完璧なベースメイク

  • まずディオール バックステージ フェイス&ボディ プライマーで肌悩みをぼかし、次に重ねるディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーションの持ちを高めます。気になる部分には、フラッシュ ルミナイザーを使用し、自然なツヤと透明感あふれるナチュラル マットな肌をディオール バックステージ フェイス&ボディ パウダーで完成させます。

目元を強調して

  • スモーキーアイには、モノ クルール クチュール #098 ブラック ボウ (※6月末オンラインブティック限定で発売予定)とディオールショウ 24H スティロ ウォータープルーフ #091 マット ブラックを使用します。眉はディオールショウ ブロウ スタイラーとディオールショウ パンプ&ブロウで整えて。

ナチュラルな唇に仕上げて

  • ルージュ ディオール バーム△#000△ディオールナチュラル△サテンで唇に潤いを与え、ナチュラルな仕上がりを叶えます。

ピーター・フィリップスのインタビュー

  • 「アイシャドウをなじませて明るさを出すことで、インテンスなスモーキーアイにバリエーションを加え、目元を強調しました。ヴェルサイユ宮殿で見事に表現された、このコレクションの神秘的でおとぎ話のような雰囲気と調和した、暗く、詩的な目元をつくりたかったのです。」-ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター、ピーター・フィリップス

ルックを完成させて