インスピレーション

最新ニュース

当時のアーティスティック ディレクター、ジョン・ガリアーノが創作した「ニュースペーパー」モチーフからインスピレーションを得て、キム・ジョーンズは新作「ガゼット」プリントをデザイン。ホワイト、あるいはジュディ・ブレイムが最も好んだ新聞のひとつ、「フィナンシャル・タイムズ」の色調で展開するこのプリントには、クリスチャン・ディオールの公式発表が掲載された記事の切り抜き、ニュールックの画像、そして英国人アーティストのスケッチブックに描かれたクロッキーが再現されています。

    詩情あふれるアラベスク模様

    ディオールのアーカイブに由来するペーズリーモチーフが、キム・ジョーンズのデザインするルックや、ジュディ・ブレイムのアシスタントを務めたカーリー・シェリー作の斬新なスカーフを彩ります。サイケデリックで色鮮やかなモチーフが次々にジャカードへ組み込まれ、ニットにビーズで刺繍され、あるいはツートンで描かれ、現代的なメンズスタイルを構築します。

      オブリーク ビーズ

      1967年にマルク・ボアンによりデザインされたディオール オブリーク キャンバスは、コレクションを重ねるごとにメゾンを象徴するシンボルへと成長しました。今シーズンはムッシュ ディオールが残したオートクチュールの遺産と、ジュディ・ブレイムの創作に影響を与えたインスピレーションの間で展開する相互作用の如く、ビーズがあしらわれたバージョンで登場します。刺繍またはホットスタンプでアレンジされた象徴的なこのモチーフは、グローブ、ネクタイ、バッグ、あるいはシャツなど、コレクションのウェアとアクセサリーを際立たせています。

        クチュールのシグネチャー

        エレガンスを体現するショーのシルエットは、メゾンが守り続けてきたクチュールの遺産を映し出したもの。ショーのトップには、クリスチャン・ディオールが特に好んだ高級生地、モワレシルクの皇帝風コート。メゾン創設者の作品と呼応する花の形の円形章があしらわれています。オーバーコートには繊細なドレープ、あるいはアシンメトリーのカットライン。ジップが際立ち、建築的なラインを描く作品の数々は、スタイリスト兼アーティストのジュディ・ブレイムへオマージュを捧げています。ディテールの美学と、ディオール流の大胆さに敬意を表して。

          フォトクレジット - モルガン・オドノヴァン