DIOR AND RIMOWA:卓越したサヴォワールフェール

キム・ジョーンズが手掛けた2020 サマー メンズコレクションで、ディオールは、高級旅行鞄ブランド、リモワとのコラボレーションによるクリエイションを発表しました。両メゾンの価値あるクリエイティビティと職人技術とイノベーションを祝福するこのコレクションは、旅に対するクリスチャン・ディオールの情熱にオマージュを捧げます。 

  • リモワの象徴的なアイテムのひとつでもあるアルミニウム製のスーツケース「キャビン」は、これまでにない3色のカラーバリエーションで展開(マットブラック、シルバー、グラデーションブルー)。1967年にマルク・ボアンがデザインした「ディオール オブリーク」モチーフが表側だけでなく裏側にもあしらわれています。細部にまで綿密に施されたアノダイジング加工により、« Dior » レターがメタルの表面に刻印され、色鮮やかなニュアンスが光の優美な作用によって浮かび上がります。各クリエイションは、革新的なマルチホイール® システムにより、4つの多方向ホイールを備え、それぞれに特別に « CD » イニシャルが配されました。

    • このマストハブにさらなるエレガンスをプラスするクラッチバッグ「パーソナル」は、ブルー、ブラック、シルバー、ピンクの洗練された小箱の様相を呈し、ディオールのレザーグッズ制作のサヴォワールフェールを証明します。どのアイテムも内側には揃いのレザーやブラックナイロンの「ディオール オブリーク」キャンバスで飾られ、ジップポケットとカードスロットも備えます。日々の冒険に寄り添えるよう、« Christian Dior » のサインがあしらわれた取り外し可能なレザーのショルダーストラップも完備。クロスボディとしても身に着けられます。

      憧憬を集めるこうしたモデルの制作には、アトリエの職人たちによる何時間もの作業を要し、乗り越えるべき技術的課題がありました。レザーと同じくらい繊細なアルミニウムは、完璧なまでになめらかにするためにこの上ない精度での加工が施されました。そこには、伝統と現代性というディオールが大切にしている2つの柱が共生しています。