ニット「バー」ジャケットのサヴォワールフェール

1947年にクリスチャン・ディオールによる初めてのオートクチュールコレクションに登場し、彼の成功を決定的なものにした「バー」ジャケット。ニュールックの永遠のシンボルとして時代を超えて愛されている、建築的なデザインが魅力のアイテムです。

2020-2021 秋冬コレクション ショーのオープニングを飾ったのは、マリア・グラツィア・キウリによりニット素材で新たに再構築された、メゾンを象徴するに他ならないこのジャケットでした。

ひときわ巧みに再解釈されたデザインにより難題を課されたメゾンのアトリエは、実に4型以上のプロトタイプを考案。オリジナルのジャケットならではのボリューム感やカッティングを正確に再現することを成し遂げました。

洗練されたエレガンスと快適な着心地を兼ね備えた、自由で動きやすく、カジュアルなスタイルを格上げする魅力的な一着。ディオールのウルトラモダンな世界観を反映し、モードと世代を超える、アイコニックで存在感溢れるマストハブアイテムです。